2014年7月アーカイブ

消費者金融の審査では本人と確認するために身分証明書の提示を求められることが多くあります。
ここでいう身分証明書とは、健康保険証や運転免許証、パスポート、官公庁が発行している証明書や外国人登録証明書などがあります。

身分証明書は消費者金融によって認められているものを提出しなければならず、特に運転免許証は顔写真もついていますので、本人確認するには良い証明書と言われています。
しかし、中には運転免許証がない人もいますので、健康保険証なども推奨しているところも多くあります。

また、融資額を多く希望すれう場合は源泉徴収票が必要だったり、身分証明証がないときになどは住民票や公共料金の領収書などの提示を求められることもあります。
消費者金融の申し込み時に必要な書類として記載されていますので、申し込む前に必ずチェックしておきましょう。

学生が消費者金融で即日融資してもらえる方法

学生がキャッシングをしてお金を借りる場合、社会人と異なる点は、
 ・「仕事をしているか?」
 ・「年齢条件を満たしているか?」

などになります。

まず、消費者金融や信販会社のキャッシングを利用する場合、「本人に安定した収入があること」が求められます。

もし、アルバイトをしていないのであれば、消費者金融ではなく、バンクイックなど、銀行カードローンに申し込むようにしてください。

また、法律上、未成年者にお金を貸すことができない仕組みになっていますので、未成年者の方は、残念ながらお金を借りることはできません。

しかし、20歳以上の学生なら、社会人と同じように、特別な制限を受けることなくお金が借りられます。


学生の申込みを認めている業者は少ないですが、三菱東京UFJ銀行のバンクイックなどに申し込めます。

学生の場合は、利用限度額が10万円までとされていますが、安心して利用できるカードローンとして、利用者も多くなっています。

専業主婦ローン【主婦に適した借り入れ方法】

ピアノ

子供が習っているピアノ。あまり練習してないから毎回いくときに
ケンカになったりする。もう5年も続けているのに、自分からひくってことが
ほとんどないし、本当にピアノを続けていて楽しいんだろうか?って疑問が
わいてくる。

私も小さい頃ピアノを習っていて、またピアノが好きなタイプだったから
どうしてやらないのかとても不思議に思うからかもしれない。もしかして
母親がピアノがまったくわからないほうがいいのかもしれないな。

とりあえず本人のやりたいというときまでやらせよう。

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年6月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。